様々な方法|膣の緩みには原因と症状がありますので理解しておこう

膣の緩みには原因と症状がありますので理解しておこう

様々な方法

困る女性

治療することによって症状が改善すると言っても、治療の内容を知らないままだと不安は募ります。そこで、膣の緩みを治療する方法を紹介するので、覚えておくと良いでしょう。どのような方法を利用するか分かれば、不安も和らぐはずです。まず、膣の緩み治療の中でも最も効果が高いと言われている方法が、縮小手術です。緩んでしまったり、断裂した膣周辺の筋肉を修復する施術です。この手術を行うと2ヶ月ほどの回復期間を必要とします。回復期間が過ぎた後は、性行為も可能です。締りに関しては大分改善することができますが、出産をするのが難しくなってしまうこともあります。ですので、効果はとても高い方法ですが、出産の予定が無い方に適した方法と言えるでしょう。また、この方法では一回の手術で効果が実感できます。次にビビーブですが、高周波を利用した方法です。麻酔やメスは使わずに高周波でコラーゲンを増やすことで膣を再生して緩みを解消します。回復期間も必要ないので若い世代から40代くらいまでの世代に人気です。ペルビックトレーナーは幅広い年齢層の方に人気の方法で、骨盤底筋を特殊な装置で刺激して鍛えます。服を着たまま治療ができ痛みもありません。この二つの方法は基本的に継続的に治療をすることで効果を発揮します。膣の緩みを改善する方法としては他にも色々な治療方法があり、フィラーを注入して締りを良くする方法などもあるのです。基本的に専門の医師とのカウンセリングを行った後にその人に合った治療方法を提案するので、しっかりと話し合って決めましょう。